浮気を早期で発見するコツを公開しています。ご参考までに活用してみてください! - 会話時の視線

会話時の視線

男性が浮気しているケースでは、配偶者との話のやり取りに目を向けると興味深いことが分かってきます。
法則は大体2つの種類に類別されます。
訊ねてもいないことを多弁で言い始め興奮状態でいるか、全然会話をしない、
または会話する時に視線を逸らします。

■興奮状態になって浮気を隠蔽する
会話をする際に大げさな動作で友人の名前をよく列挙してきます。
会話の中身は「友人が思い悩んでいるみたいだから、話に耳を貸さなければならない」みたいなことを度々口にします。
それが徐々に面識のない友人の名前が挙げられたりもします。
そのような場合は必ず興奮状態になっていることが殆どです。
それを口実に外出したがります。
興奮状態になる理由は、浮気が発覚しないように躍起になって、
過剰に明るく行動し、隠蔽しているためです。

■浮気して後ろめたいと考えているため視線を逸らす
視線を交わさず、帰宅してきても何も話さずに、単に同居している人もしくは家を共同利用している状態になっているケースでは、
配偶者に後ろめたいと考える気持ちが僅かなりとも残っています。
そのためバツが悪くて会話できなかったり、視線を交わすことができないという振る舞いをしてしまうのです。
日頃からそのような人だと看破するのは簡単ではありませんが、
視線を交わすことが出来ないという見方から浮気のサインが窺えます。
観察してみれば、双方とも振る舞いの法則としては把握しやすいです。
興奮状態になってしまう人は、日頃から明るい人であるか全く違うケースがあります。
訊ねていないことでも口実にする為に止めどなく話してしまうのです。
視線を交わせないのであれば、会話もあまり出来ないと思うので、
最終的に沈黙してしまいます。
どちらの法則も浮気を隠蔽していることに違いはないのです。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »