浮気を早期で発見するコツを公開しています。ご参考までに活用してみてください! - 携帯電話を利用

携帯電話を利用

肉体関係に踏み込んだ浮気になってくれば、心も浮気相手に向いている状態であるため、
しょっちゅう携帯電話を利用します。
そうなれば、覗かれると苦境に陥るのは男性であるため、携帯電話一つであっても振る舞いが変化したのが窺えます。
暗証番号で鍵を掛ける・携帯を放置しない・着信履歴を消去した痕跡があるなど、
過度であるため把握しやすいです。

携帯電話が不気味に静穏

何故か携帯電話の着信音が耳に入らないことが継続するケースがあります。
単に誰からも着信が無いということではなく、大体マナーモードまたはサイレント設定にしていることが殆どです。
着信音が鳴れば配偶者が察知します。
それが浮気の相手である場合には厄介だと先手を打って検討した結果、音を鳴らなくしたと思います。
しかし逆に疑わしい振る舞いに見えていることが理解できていないのです。

鍵を掛けたくなる男性の浮気

都合よく男性の携帯電話を覗くことが叶った際に、鍵が掛かっていたり、
掛かっていない場合でも着信履歴やメールなどを消去した痕跡があれば、浮気を勘ぐっても良いと思います。
消去するということは、覗かれたら苦境に陥るものであるためです。
通常どおりに暮らしていれば、そのような事にはならないに違いありません。

浮気に不可欠な道具は放置しない

携帯電話を手放すことなく持ち歩く振る舞いも、覗かれると苦境に陥るものがメモリの中に残っているためです。
覗かれても何も支障がない場合には、風呂場まで持っていくことはないと思います。
振る舞いの法則の一つとして電話を掛けた際に、電源を入れていない、または即座に留守番電話になってしまうケースがあります。
これも男性が浮気をしているサインとして把握してしまう一つです。
携帯電話が広く出回り、意思の疎通がしやすくなりました。
それを浮気に使ってしまっては好ましくありません。
しかし、振る舞いの法則をチェックする際には最も効率的な道具であることは間違いありません。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »