浮気を早期で発見するコツを公開しています。ご参考までに活用してみてください! - 意識する存在

意識する存在

女性から慕われたり、誘惑されたりして、ちょっと驚くようなことをされても、
男性はそれが「色仕掛け」だと始めは分かりません。
女性も唐突に誘ったりはしないので、察知するのに僅かに時間が掛かり、
男性が察知した時には、もう意識する存在になってしまっているのです。
居心地の良さを帯びた男性に親切にされたり、熱心になってくれるから「色仕掛け」の誘いを掛けたくなるのです。

■安堵感は特定の女性がいるため
男性が帯びている居心地の良さは、どこで獲得したと思いますか。
それは特定の女性がいるためです。
思いやりや共に生活してきた時間などから男性も愛されていると矜持が身に付くからです。
安息を欲している女性は、何はともあれ愛されたいのです。
女性に対して親切で穏やかな物腰の男性は、ゆとりが現れて見えるため、
そのゆとりや穏やかさを自分のものにしたいが為に接近してきます。

■矜持が生み出す親切や熱心
矜持が身に付いてくると、男性は物事の捉え方や感受性が穏やかなものへと変化してきます。
体も心も特定の女性に充足してもらっているため、仕事などに打ち込みやすくなり、
どんな事にでも熱心にやろうとします。
そういった面に誘いを掛けたくなってしまうのです。
努力している姿勢が気になって、親切にされて依存してしまいます。
男性はこれが浮気の出発点であるとこの時点では意識していないため、
サインもこの時点では把握できません。
男性の女性への見方や素振りにゆとりを感じる姿がきっかけとなり、
「依存してみようかな」と考えることからスタートします。
誘いを掛けることは、女性にとって気分が良いものです。
穏やかな大人の男性、親切でゆとりを身に纏っている男性は、
女性の社会的地位を向上させるため、誘いを掛けてしまいたくなるのです。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »