浮気を早期で発見するコツを公開しています。ご参考までに活用してみてください! - 男性の心の動きを見落とさない

男性の心の動きを見落とさない



浮気をする男性には絶対に原因があるということを頭に入れておいてください。
理由の大半がある種の「籠絡」に屈してしまったことから起こっています。
女性は浮気の根源となる男性の気持ちの推移を認識して、サインを即座に捕捉する必要があります。

「籠絡」ほど、男性の心を揺さぶるものは存在しません。
どれほど配偶者の女性が綺麗で性格が良い方でも、ある種の心の揺さぶりを感じるとそちらに気持ちが傾いてしまいます。
男性は一度気持ちがそちらに傾いてしまえば、振る舞いの法則や暮らしの状況に絶対と言っていいほど、何がしかの変化が表れます。

会話・金銭・時間など自分が所持しているもの全部です。
それは男性にとって気付かない内に表れてしまうのです。
相手の女性に好かれようとしたり、心地いい時間を何とかしてキープしようとするからです。
配偶者である男性が日頃とは異なる振る舞いをすればするほど、
女性は「近頃何だか怪しい」と勘が作用します。
実際にはこれも正常なことです。

勘が効果を発揮した場合には、女性は理性的に振舞わなければなりません。
多少のことで興奮してしまえば、男性の気持ちの推移が把握できなくなってしまうと同時に、対処の方法さえも間違ってしまいます。
その後は上手に隠蔽されてしまいます。
心の動きを見落とすことなく理性的に対処できるように、まずは落ち着く・興奮しないことを肝に銘じてください。

浮気の大事な内容を把握する為に、男性の気持ちの推移と振る舞いの変化を看破していくことで、
これまで分からなかったものがサインとして出てきて、全部を見落とさず対処することが可能です。

色々な調査手法

探偵調査にも色々な調査手法があります。
その一つがルース・テイルと呼ばれる方法です。
ほとんどの探偵会社http://uwakityosapuranni.net/が採用している尾行方法になります。

尾行をする場合、もちろんターゲットに尾行をしていることがバレてはいけません。
ルース・テイルは特に、ターゲットとの距離を置いて調査をする方法になります。
ターゲットとなる人物の警戒心が強い場合、夜の住宅街など、ターゲットが警戒心が強そうな場面になった場合、気が付かれずに尾行することに重点を置いた尾行方法になります。

尾行する場合、もちろん探偵にもよって変わりますが、変装をする人も少なくありません。
いくら尾行がうまいからと言って、同じ格好の人が何度も光景の中にあらわれては、さすがにターゲットでも警戒しています。

ルース・テイルを成功させるために、帽子をかぶったり、サングラスをしたり、服も何度も着替えたりと色々な手法を取ります。
ルース・テイルだけでは浮気の決定的な証拠を掴めない場合もあります。
その時に役に立つのが、ルース・テイルとは対をなす、クロス・テイルと呼ばれる手法です。

これは決定的な証拠を得るために、ターゲットに接近して尾行調査を行います。
この場合、ルース・テイルよりもさらに神経を集中させておかないとターゲットに気が付かれてしまう可能性もあります。

ルース・テイルが遠距離からの尾行、クロス・テイルが近距離での尾行ということになります。
探偵はルース・テイルとクロス・テイルを上手に使い分けて浮気の証拠を掴み取ります。

ルース・テイルは調査の初期段階で多用する尾行法と考えて頂いても構いません。
ターゲットが浮気をする際にどのような行動パターンを取るのか、浮気調査や周囲の目に対してどれくらいの警戒心を持っているか、それを探るためにルース・テイルを使う場合もたくさんあります。

ルース・テイルにより、ある程度ターゲットの浮気の行動パターンを絞り、クロス・テイルにより一気に浮気の証拠を掴み取る、それが王道のパターンとも言えるでしょう。
ルース・テイルの時に利用する探偵アイテムは、望遠機能のあるカメラや暗視機能のあるカメラを利用する場合が多いです。
ターゲットと距離を取っているからこそ、このような探偵アイテムが必須になります。

http://www.tantei-asap.com/

http://www.koutantei.com/

更新情報